日本語学校も始まりました

キンダーが始まったかと思いきや、今週から日本語学校も始まりました。この学校はうちから5分ほどの所にある仏教寺を借りて運営しているCo-Op形式の学校です。毎週土曜の9時から12時までに授業が行われます。

今日は初日ということで、子供達が授業を受けている間に父兄のオリエンテーションがありました。校長先生をはじめとする運営スタッフは実際にこの学校に子供を通わせているお父さんお母さん達で成り立っています。授業を指揮する先生方はある程度経験を積んだ方達だそうです。モモのクラスの先生は優しそうな若い女の先生です。この先生に加え、嬉しいことにスクラップブックのワークショップで知り合ったMさんがアシスタントをしています。モモも何度も会っている方なので心強い限りです。さて、この学校はキンダーから高校生までの生徒を教えていて、年齢別で6クラスに分かれています。モモはもちろん一番小さいクラスで生徒数は全部で10人程度でした。仲良しのEちゃんも同じクラスだったので楽しく過ごせそうです。

この学校、Co-Op形式ということで授業料は他の学校の半額ほどです。入学手続き料で$270払いましたが、$25雑費、$145がお寺の入会費、$100がCo-Opデポジットと言う内訳です。このCo-Opデポジットですが、年間を通して学校やお寺の行事のお手伝いをすることでポイントが溜まり、年度の終わりにそのポイント分デポジットを返してもらえるというシステムでした。たとえばYard Dutyと言われる仕事では、当番に当たった週は15分ほど早く学校に来て先生方の授業準備を手伝ったり、授業の開始時間を教えるベルを鳴らしたりする仕事とのことです。お寺の行事ではバザーのお手伝いなどで、年間を通して最低4つの仕事をこなすことが義務づけられています。ちょっと面倒くさいと思う反面、コミュニティーサービス的な仕事ができるので楽しみだったりもします。

さてさて、肝心のモモですが、実は学校に来るのを嫌がっていました。土曜も学校なんて嫌なのは分りますが、これから数年が大切な時なので私としても譲れません。Eちゃんも来るからとなだめて強引に連れて行きました。オリエンテーションが終わったのが11時ちょっと前で、ちょうど2回目の休み時間が始まるところだったのでモモの様子を見に行くと、Eちゃんと元気良く教室から出てきて隣の体育館に直行! 他の子供達も来てバスケットボールを始めました。10分の休憩の後、教育指導部長(?)の指揮でラジオ体操(笑)が始まりましたがモモとEちゃんは恥ずかしがってやりませんでした。教室に戻ってモモが座っていた席を見ると、あいうえおを練習したプリントがおいてありました。先生がいたので挨拶すると、モモちゃん名前も書けるし受け答えも日本語でできるしすごいですよ、と言ってもらえました(嬉) 授業中もちゃんと聞いているとのことでホッと一安心。

残りの1時間は授業の様子を見ていたのですが、本を読んだり、歌を歌ったり、なにやら工作をしたりしていました。帰る際には、また来たいと言っていたので、初日は上出来でした


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック